お知らせ

Study Valleyが「学校DX戦略アドバイザー事業」のポータルサイトに掲載開始

探究学習プラットフォーム “TimeTact” を開発・提供する株式会社Study Valley(本社:東京都江戸川区、代表取締役:田中悠樹、以下Study Valley)が、文部科学省 学校DX戦略アドバイザー事務局(株式会社NTT ExCパートナー)が運営する「学校DX戦略アドバイザー事業」ポータルサイトに掲載されました。

「学校DX戦略アドバイザー事業」ポータルサイトでは、学校における教育の情報化に向けて、ICT関連事業者が紹介されています。

詳しくは、こちらより「学校DX戦略アドバイザー事業」ポータルサイトをご覧ください。

弊社について

株式会社Study Valley
「教育を変革し100年後の世界を豊かにする」という理念のもと、創業後わずか数ヶ月で経済産業省から第1期STEAMライブラリー構築事業者として認定され、2021年6月には第2期STEAMライブラリー構築事業者として引き続き認定されています。現在は探究学習プラットフォーム「Time Tact」の開発・提供を主軸にサービス展開しています。

本件対象ICT事業:探究学習プラットフォーム「TimeTact」
本プラットフォームは、教員と生徒双方が主体的に探究学習を進められるよう設計されており、教員の負担軽減と生徒の学びの質向上を目指しています。
企業から提供される活きた課題を用いて、生徒は具体的な課題解決に取り組むことができ、管理ツールを通じて、教員は生徒の授業の進捗を効率的に管理し、生徒の探究プロセスを全面的にサポートできます。
さらに、学校が迷いなく授業を進めていけるよう、授業計画の立案や進行管理を伴走するサポーターを配置いたします。
これにより、教育現場での時間の最適化と生徒の探究学習の質の向上を図ります。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Study Valley
URL: https://www.studyvalley.jp
TEL:070-8522-0601
MAIL:sales@studyvalley.jp

【高校の探究担当の先生へ】
当メディアを運営する私たちStudy Valleyは「社会とつながる探究学習」を合言葉に、全国の高等学校様へ、探究スペシャリストによる探究支援と、社会とつながるICTツール「Time Tact」を提供しています。

現在、探究に関する無料相談会を開催中です。探究へのICT活用や外部連携にご興味ある方、お気軽にご連絡下さい。ご予約はこちら(2024年3月現在、問い合わせが急増しております。ご希望の方はお早めにご連絡ください)。

【企業のCSR広報ご担当者様へ】
CSR広報活動の強い味方!
探究教育を通して、学校と繋がるさまざまなメリットを提供しています。


まずはお気軽に「教育CSRサービスページ」より資料をダウンロードください。
また無料相談も可能です。些細なご相談やご質問、お見積りなど、お気軽にご相談ください。

無料相談のご案内

代表:田中
代表:田中
Study Valleyは探究学習に取り組む学校と企業を応援しています! STEAMライブラリー構築事業者”StudyValley”だからこそできる「探究学習」×「社会とのつながり」を通じた新しい学習体験を一緒に創っていきませんか?

*Study Valleyでは、企業パートナーを求めている学校と、自社の強みを生かして学校教育に協力したい企業をマッチングしています。探究学習を通じてZ世代の若者とプロセスエコノミーを実現したい、Z世代との交流を通じ、彼らの価値観や感性をマーケティングに取り入れたいという企業担当者の方はお気軽にお問合せください。

▶【無料】教育CSRサービス資料ダウンロード

【この記事の監修者】

田中 悠樹|株式会社StudyValley代表

田中 悠樹|株式会社StudyValley代表

東京大学大学院卒業後、ゴールドマンサックス証券→リクルートホールディングスに入社。同社にて様々な企業への投資を経験する中で、日本の未来を変えるためには子どもたちへの教育の拡充が重要であると考え、2020年に株式会社StudyValleyを創業。
2020年、経済産業省主催の教育プラットフォームSTEAM ライブラリーの技術開発を担当。
2024年、経済産業省が主催する「イノベーション創出のための学びと社会連携推進に関する研究会」に委員として参加している。