STEAM Library

伝統工芸を通じて自国や自己の再発見と、起業家精神を養う「株式会社 和える」の試み

インタビュイー

矢島里佳

株式会社 和える 代表取締役

職人の技術と地方の魅力に惹かれ、19歳の頃から日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「日本の伝統をつなげたい」という想いから、2011年、慶應義塾大学法学部政治学科在学中に株式会社和えるを設立。

髙橋すみれ

株式会社 和える マーケティング統括部長

2018年に和えるへ入社。“0歳からの伝統ブランドaeru”を始めとする各事業の戦略立案・実行、企業や行政とのaeru school共同開発、ビジネスパーソン向けのaeru school講師や、新規事業開発に携わる。

経済産業省「未来の教室」が2021年2月末より公開を開始した「STEAMライブラリー」のコンテンツ事業者「株式会社 和える」に、STEAM教育について取材させていただきました。

STEAMライブラリーに似たワークショップはこれまでもやってきた

田中
田中
今まで教育コンテンツを作ってきたわけではないと思うのですが、なぜ御社が今回STEAMライブラリーの教材コンテンツを作ろうと思われたのですか?
髙橋氏
髙橋氏
元々、私達は伝統を次世代につなぐということを目指している会社です。“0歳からの伝統ブランドaeru”では、伝統産業の職人さんが作った日用品に幼少期から触れられるように、全国の職人さんと一緒に活動をしています。生まれてすぐ日本の伝統を知ってもらうことで日本の伝統を五感で感じられますし、その子達が大人なった時に自然と日本の伝統の良さが分かるような育み方をしたいのです。そういった目的で代表の矢島が立ち上げたのが「和える」です。

2011年に創業し、今年で10周年です。“aeru room”という事業も展開しています。全国のホテル・旅館のお部屋を1部屋からプロデュースをして「空間を通じて日本の伝統を伝える」事業で、長崎、姫路、京都、奈良の合計7部屋をプロデュースしています。あと、実は教育事業として学びを通じて日本の伝統を伝える“aeru school”という事業も展開しています。これは各自治体さんと一緒に地域の産業をテーマにしたコンテンツを開発して、地域の子ども達と大人たちに伝えるという取り組みです。また、日本郵郵様・パナソニック様などの企業様からご依頼をいただいてワークショップ形式のイベントを開催したり、企業の人材研修で日本の伝統を用いたワークショップでチームビルディングをしたりしています。今回STEAMライブラリーの開発はそれの延長線上にある取り組みと私達は考えております。

オンラインのワークショップで新鮮な体験を

田中
田中
今まで対面でやっていたワークショップをオンラインでやってみようという形ですね。今までオンラインでワークショップをやられたことはありますか?
髙橋氏
髙橋氏
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されてから、“aeru school”のキットを皆さんにお送りしてオンラインで使用するということも実際に行いました。2020年卒の新入社員の方々は、今まで1度も顔を合わせていないという状態でしたので、オンラインでチームビルディングができるということで取り入れてくださった企業さんもあります。
田中
田中
オンラインでやってみていかがでしたか?対面だと伝統文化・工芸品を間近で色々な角度から見ることができますが、オンラインだと二次元になりますよね。対面とオンラインで差を感じることはありましたか?
髙橋氏
髙橋氏
和紙はがきを伊勢型紙で染めて、その作品を通じて対話をしてもらう伊勢型紙を使ったワークショップがあるのですが、伊勢型紙は元々着物を染めるために作られているものなので大きいのです。でもみなさんに実物を感じてもらいたいということで、小さな伊勢型紙を職人さんに彫っていただき、あらかじめワークショップの参加者にキットをお送りしました。型紙を触っていただけると分かるのですが柿渋でいぶして和紙の強度を上げているので、裏と表で手触りが違ったり、香りをかいでみると少し香ばしい匂いがしたりするんです。こういった香りや感触を画面越しに同じものを感じていると、オンラインでも一体感があります。みなさん「離れているけれど、感覚を共有できるのは新鮮」とおっしゃってくださっています。

伝統工芸を通じて自分なりの判断軸を持てるようになる

田中
田中
今回、学校に和紙を送ることはできないと思うのですが、コンテンツの形式としては動画とPDFで何かを伝えなければという手法の制約がある中で、御社が展開されるコンテンツの詳細をお伺いしたいのですが、どういったことが学べるのでしょうか?
髙橋氏
髙橋氏
多岐にわたって学ぶことが出来るのですが、例えば私達は今回、漆器、陶磁器、染織りという3つのコンテンツを作っています。漆一つ取っても漆器と呼ばれているものにも様々な技法とそれによる価格帯があります。たくさんある選択肢の中で、価格の妥当性を考えたり選択したりすることで、今後その子たちが歩んでいく人生の中で物を選ぶ目、自分なりの判断軸を持てるということに着眼点を置いています。また漆は木の樹液なのですが、常温で乾く(硬化する)ため余計なエネルギーを使わずに作れるのです。
田中
田中
焼く必要も無いと。
髙橋氏
髙橋氏
はい。環境に優しい製品でSDGsにもマッチしています。漆器の文化が世界に出ていく際に、そこも強みになるという学びもあります。
田中
田中
授業に際して、学校の先生が準備しておくことはありますか。どんな地域でも伝統工芸品はあると思うので、例えば学校の先生も地元の伝統工芸品を調べたうえで授業を行ったほうが良いでしょうか?
髙橋氏
髙橋氏
先生方は伝統工芸の専門家ではないですし、今回取り上げるテーマも「漆が乾く時の高分子の結合はどうなっているか?」といった化学的な話もあれば、国語や歴史など多岐に渡り、それらを全て調べ尽くして授業に挑むのは大変です。STE AM教育で重要のなのは、先生方は何かを教える役割というよりも、ファシリテーターという立ち位置で、授業に望んでいただくことだと考えています。生徒さんに対して「あなたは、漆器はなぜこの価格だと思う?」「なぜ、そう感じたのかな?」などと、思考や対話のきっかけを引き出していただくことが大事だと思います。

「感じる」「観察する」「言語化する」のサイクル

田中
田中
ファシリテーションをする上で、先生方にアドバイスはありますか?
髙橋氏
髙橋氏
私たちも“aeru school”をしていますが、伝統工芸について教えるというよりかは、みなさんが感じられていることを、言語化するお手伝いをしているような感覚です。私たちが大事にしているのは「感じる」「観察する」「言語化する」というサイクルを回すことです。自分が何を感じて、考え、どうしたいのかを言語化することで、自身の思考の過程を再確認できると思うんです。そうすることで、不確定要素の多い社会の中で、自分なりの判断軸を持って生きていく練習になると私たちは考えています。子どもたちが感じたことをしっかりと受け止めて、もう一歩深い思考にたどり着けるようにな質問を投げかけ、言語化のお手伝いをしてあげることを意識しています。そのベースとして、褒めることを大切にしています。「すごいね」「よくできたね」ではなく、例えば「今この丸を使って、もっと大きな丸を作ろうとしたんだね」など、その子がやろうとしたことをしっかり認知して、言語化し、承認することが大事だと思っています。
田中
田中
既存の先生のあり方とはかなり異なるので、スタンスを変えるのに初めは、少し抵抗があるかもしれませんね。
矢島氏
矢島氏
そうですね。先生方が「自分が知らないことを、生徒と共に考える」ということについて、心理的に受け入れ、乗り越えていただけるかがポイントだと思います。先生方が授業の最初に「今日は先生も一緒に、みんなと学ぼうと思っているんだ」と、おっしゃっていただけると、気持ちが楽になるのではないかと思います。先生=何でも知っている人ではなく、先生=“先”に“生”きている人。常に教える側に立たなければならないと思うのではなく、知らないことを一緒に学ぶときに、学びの深め方の先人、名ファシリテーターとして子どもたちの思考を引き出すプロフェッショナルであること、これこそが新たな教育指導要領で求められる、これからの先生の役割ではないでしょうか。
田中
田中
なるほど。僕たちが子どもの頃は、鬼みたいな先生もいましたが、その先生が「一緒に学ぼう」と言うのは、なかなか想像つかないものがあります(笑)
矢島氏
矢島氏
先生と生徒さんの気持ちの距離が近づくのではないかと思うんですよね。先生が「知らない」と言えることは素晴らしいことだと思います。知らないことは、素直に知らないと言えないと今の社会で生きていくのはしんどくなってきています。目紛しく変化する時代ですので、大人も知らないことがたくさんあります。知らないことを共に学ぶ中で、学び方の先陣であるのが先生であり、知識の先陣である必要はない時代です。知識の先陣であり続けようとされると先生という職自体が、しんどくなってしまうのではないでしょうか。STEAM教育への取り組みを通して、令和の時代の最先端の先生のあり方も新たに確立されてくると感じます。
田中
田中
学校の先生も長時間労働で問題になっていますが、根本的な原因は社会からの期待、生徒からの期待など、期待値が高すぎて何でもかんでも知らなければならないというところがあると思うのですが、いい意味で「知らない」と割り切れると、長時間労働など完璧を目指すような風潮も改善するかもしれないですね。
矢島氏
矢島氏
STEAM教育には様々な単元があると思いますが、伝統工芸の単元は、先生も「知らない」と言いやすいのではないかと思います。今の時代、日本人の多くが知らないのが当たり前の分野、ですから、「先生も知らない」と言っても恥ずかしくないと思います。「でも先生、伝統って大事だと思うんだよね。みんなはどう思う?一緒に学んで考えてみようか。」と話し始めていただけると嬉しいです。
田中
田中
確かに、それなら先生方もやりやすいですね。

織機の紋紙(パンチカード)はコンピューターの基盤にもなった

田中
田中
先生がコンテンツを選ぶ上で2つの軸があると思っていて、一つは「自分でもできそうだな」と思うこと、もう一つは「これをやることで、子どもたちがどう変わるのか?」というのも先生の期待としてあると思います。こういう効果があるんだと分かれば、当然やりたくなると思うんです。STEAM教育はいわゆる受験科目ではないですが、学校の学習に繋がる部分があれば教えてください。
髙橋氏
髙橋氏
私自身、今回コンテンツを作っていて1つの題材に対して色々な学びの扉が存在するなと、改めて感じています。伝統工芸はもともと、日用品を生み出す産業ですので、題材が身近です。例えば染織、私たちが着ている洋服と関連します。生地を織る織機は元々は手動で、経糸と緯糸を織るという作業をしていました。それを機械化し、模様を織り込むために生み出されたのが紋紙(パンチカード)を活用して、ゼロとイチで織機を制御する方法です。その考え方は、パソコンなどのコンピュータの基盤になっています。一見、関係なさそうなことが、実はつながっている。立体的な学びを得やすいのが、伝統工芸のSTEAM教育だと思います。
田中
田中
ありがとうございます。私が小中高生の時は怖い先生が授業を教えるだけで、こういうプロジェクト型の学習とか教科以外の勉強をすることはほぼ無かったです。みなさんはこういう授業が小中高生の時にもしあったら、自分の人生にどんな影響を与えていたと思いますか?
髙橋氏
髙橋氏
過去のものづくりの積み重ねで今の伝統工芸があると思うので、先人達が何を思ってものづくりを続けてきたかということを、身近に感じることができたでのはないかと思います。私自身が伝統工芸を探究する中で、自分たちが今生きている世界の判断軸がもっと他にもあるんだと視野が広がる感覚を感じています。私は、大学時代にイギリスに1年間留学したのですが、自国のことを知らないことに気がつきました。ヨーロッパは大陸なので他の文化との交流は当たり前です。日本は島国なので、自分の国がどういう国か話す機会がほとんどありません。自国のことをしっかり語れるようになると、アイデンティティーが確立される。グローバルで活躍するためには必要なことだと思います。
田中
田中
ありがとうございます。

伝統工芸を通じて起業家精神を養うこともできる

写真提供:株式会社 和える
田中
田中
矢島さんはどうでしょうか?小中高の頃に、自分で考えようという授業はありましたか?
矢島氏
矢島氏
私はゆとり世代なのですが、私の学校では小学校から導入されていました。比較的「自分の頭で考えてやろうね」という教育を、ずっと受けてきた感じはあります。私は中高一貫校でしたので、姉妹校提携しているアメリカの学校に10日間程、修学旅行で行きました。ですから、中学校一年生の時から、海外の人と交流するという機会があることを念頭に学ぶので、外国の人とコミュニケーションを取るために英語を勉強するんだという実感を、得やすい状況下での学習環境でした。STEAMライブラリーの本質的な考え方の、最初の世代だったのかなと思います。先生というのは何か教えてくれる人という感じもありつつ、人間味あふれる先生たちが多くて、まさに先ほどお話ししたような、名ファシリテーターの先生方がいらっしゃいました。
田中
田中
自分たちで考える力が育まれてきたからこそ、「株式会社 和える」のような素晴らしい会社が出来たわけですね。
矢島氏
矢島氏
私の学校では自分たちで学校の行事やイベントを提案して企画して予算設定をして、「このイベントをやることが学校の反映においてどんな意義があるのか?」ということを、プレゼンする機会もありました。先生方から「本当にやる意味があるのか?」とか「ここの予算設定は甘いのでは?」など指摘を受けながら、改善し、自分たちでよく考えて実際に校内での研修イベントを実行していました。
田中
田中
へぇー、すごいですね。目的を明確にして、目的に向かう手段として予算獲得するためにトライ&エラーをし、それに対して先生がアドバイスをしてくれる、というわけですか。
矢島氏
矢島氏
そうです。「予算の立て方を勉強しましょう」だったら私は絶対出来なかったと思います。「こうなったら学校がもっと楽しくなるな、これから入ってくる後輩の人たちがより良い学びを得られる研修を開催したい」というのが目的でした。それが適切で必要なら予算を出してくれますし。今思えば、起業に必要なことのベースを、高校で自然と学んでいた気がします。面白い学校だったと思います。
田中
田中
なるほど。今の小中高生が御社のコンテンツで授業を受けると、「和える」のような素晴らしい会社がポンポンできるかもしれないですね。

伝統なんて無くなっちゃえばいい」という意見も大切

矢島氏
矢島氏
最後にお伝えしたいのが、私たちが開発したSTEAMの伝統工芸のコンテンツは、伝統工芸を学びましょうというコンテンツではないということです。伝統工芸という題材を通して、不確実性の高い社会で生きていくための力を身につけられるコンテンツを目指しました。この10年、ベンチャーを経営してきて大切だと感じた、思考のあり方が、起業家精神がさりげなく開発されていくようなイメージで作っております。生徒さんから「伝統なんて無くなっちゃえばいいのに」という意見が出てきても良いと思っています。色々な意見が出てくるからこそ「本当に必要なのか?」ということが深まってきます。伝統を守るということを前提にしてこの授業を行わないでほしいなと思います。そこの答え自体、これからの日本を担っていく子どもたちが最後に出してくれれば良いと思います。
田中
田中
なるほど、ありがとうございます。今日は色々な質問に答えていただいてありがとうございました。
伊勢型紙を手に取る和えるの髙橋氏(左)、田中(右)

田中悠樹 (インタビュワー)

STEAMライブラリーのシステム構築事業者である株式会社 StudyValley代表取締役
2011年にゴールドマンサックス証券テクノロジー部に新卒入社。株式会社リクルートホールディングスでは海外のVCを担当。2020年に株式会社StudyValleyを設立。オンライン学習サービス「アンカー」や業務・学習支援ソフト「TimeTact」の開発や運営を行う。創業1年目でSTEAMライブラリーのシステム構築事業を受託。

STEAMライブラリーとは

経済産業省「未来の教室」が運営する、STEAM教育を通じてSDGsに掲げられる社会課題の解決手法を学べるオンライン図書館