探究学習

業種別例文15選!高校生インターンシップのお礼状の正しい書き方

高校生向けのインターンシップに参加した際に「お礼をしたいけどどのようにすれば良いかわからない」「お礼状や、手紙はどのように書けば良いかわからない」といった悩みはないでしょうか?

そもそもデジタル化が進む現代では手書きの文章や、長くかしこまった文章自体を書く頻度が減っています

そんな中、手紙、ましてや企業の方々に出すのはかなりハードルが高いのではないでしょうか?そこで、本記事では手紙の書き方から内容、封筒の書き方まで、高校生インターンシップのお礼状の書き方を徹底解説していきます。

ハードルが高いからこそ、お礼状をもらった企業には印象が残ります。この記事を読んでぜひ挑戦してみましょう。

【高校の探究担当の先生へ】
当メディアを運営する私たちStudy Valleyは「社会とつながる探究学習」を合言葉に、全国の高等学校様へ、探究スペシャリストによる探究支援と、社会とつながるICTツール「Time Tact」を提供しています。

現在、探究に関する無料相談会を開催中です。探究へのICT活用や外部連携にご興味ある方、お気軽にご連絡下さい。ご予約はこちら(2024年3月現在、問い合わせが急増しております。ご希望の方はお早めにご連絡ください)。

【企業のCSR広報ご担当者様へ】
CSR広報活動の強い味方!
探究教育を通して、学校と繋がるさまざまなメリットを提供しています。



どんなことでも、まずはお気軽に「お問い合わせ」ください。
専門スタッフが全力でサポートいたします!

高校生インターンシップのお礼状を作る目的は?

そもそも高校生のインターンシップでお礼状を作る目的は何なのでしょか?

一番大きな理由としては社会人としてのマナーであるためです。インターンシップはお客様として参加するのではなく、インターンシップ先のメンバーの一員として行動することが前提となります。そのため、インターンシップ後も社会人としての扱いを受けます。

インターンシップのプログラムは時間とコストをかけて相手の会社が開催しているものです。そこに感謝の気持ちを伝えるのは社会人としては当然のマナーとなります。

また、インターンシップは直接的な採用にもつながる場合も多くあります。そのため、手紙で丁寧に感謝の気持ちを伝えることで、インターンシップ先により良い印象を与え、就活に有利に働くことも考えられます

インターンシップ終了後、早い段階で、できれば手紙で感謝の気持ちや、成長できたことなどを伝えましょう。

高校生のインターンシップとは?注意点・プロセスや事例を徹底解説!インターンシップと聞いて、どのようなことを想像するでしょうか?「大学生になったら行うもの」「企業の採用活動の一環?」など、高校生にとって...

高校生のインターンシップのお礼状の出し方

高校生インターンシップに参加した際にお礼状が大切であるということはわかったと思います。しかし、いざ「お礼状を作ろう!」と思っても作り方がわからないのが現状なのではないでしょうか?そこで、お礼状を書く前の準備段階として、時期や準備物をみていきましょう。

お礼状は3日以内を目安に出す!

お礼状を書く際には、「いつ作るか」も重要になります。お礼状を作る際には3日以内を目標に作りましょう。

というのも、相手の企業から見てみると、あまりにも時間が経っていると、「今さら感」が出てしまいます。一方、インターンシップが終わり、すぐにお礼状が届くと、印象に残りやすく、企業のインターンシップへの満足感にもつながります。

また、お礼状を書くにあたって、記憶が新鮮なうちに書くことで、よりクリティカルな文章を書くことができます。

お礼状を書く前に用意する物を確認しよう

お礼状を書く際には、手紙、封筒、切手など、さまざまなものを用意する必要があります。最初に必要なものを揃えておくことで、落ち着いてお礼状の作成に取り掛かることができるので、以下の表を活用して準備をしていきましょう。

準備物ポイント
便箋白で無地のものを選びましょう。
ボールペンまたは万年筆シャープペンシルや鉛筆など、消えるものは使わず、手書きで書きましょう。
封筒シンプルで白色なものを選びましょう。
切手記念切手やキャラクターなどは避け、なるべきシンプルなものを選びましょう。また、切手の枚数が多くなりすぎないことにも注意しましょう。

インターンシップのお礼状を書くときの3つのポイント

お礼状を書く準備が整ったところで、いよいよお礼状の内容についてみていきましょう。

本記事では、お礼状の書き出し、本文、締めのマナーに分けて解説していきます。

お礼状の書き出し

①宛名を書く
メールと同様に最初に宛名を書きましょう。その際に相手の正式名称を調べ、正確に書きましょう。

②必ず拝啓から始める
目上の方への手紙は必ず「拝啓」で始めて「敬具」で締めましょう。

③季節に合った挨拶を入れる
今回のように改まって書く手紙には季節の挨拶を入れましょう。以下の表を参考に季節に合ったものを入れましょう。

季節ごとの挨拶例
1月新年あけましておめでとうございます。本年も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
2月寒中お見舞い申し上げます。寒さの厳しい折、皆様のご健康をお祈りいたします。
3月春めいて参りましたが、貴社におかれましては益々ご発展のことと存じます。
4月桜の季節の候、皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。
5月新緑の美しい季節、皆様の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
6月梅雨の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
7月暑中お見舞い申し上げます。皆様方には健康に留意され、益々のご活躍を祈念いたします。
8月炎暑の中、貴社の一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。
9月秋涼の候、貴社におかれましてはますますご繁栄のことと存じます。
10月秋深まる候、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。
11月紅葉の美しい季節、皆様のご活躍をお祈り申し上げます。
12月師走の候、年の瀬も押し迫り、ご多忙のことと存じます。

お礼状の本文

①最初にインターンシップへの感謝の気持ちを述べる
お礼状の中で一番伝えたい内容は忙しい中インターンシップを開催してくれたことへの感謝の気持ちですよね?また、ビジネスマナーとしても一番最初に要件を伝えるのが通常です。そういった意味でも、まずはインターンシップを開催してくれたことへの感謝を述べましょう。

②インターンシップの内容について書く
感謝の気持ちだけでは、インターンシップ先の企業もどのような点で感謝されているのか、どれだけあなたの成長に寄与できたのかが不明です。そのため、インターンシップの内容についても以下のようなポイントを意識して書いてみましょう。

  • 特に印象に残ったこと
  • プログラムの中で成長できたこと
  • 今後に活かしたいこと

③改めて感謝の気持ちを述べる
最後に改めて感謝の気持ちを書くことでより感謝が伝わるお礼状になります

締めのマナー

①締めの言葉を書く
最後に締めの言葉として、インターン先の発展を祈るような文章を書きましょう。季節感を出しながらかけるとベストです。以下にその参考例を載せているのでチェックしてみましょう。

②必ず「敬具」でしめる
目上の方への手紙は必ず「拝啓」で始めて「敬具」で締めましょう。

③名前と所属を書く
最後に自身の名前、学校名、連絡先、住所を書きましょう。

季節ごとの挨拶例
1月冷え込む季節ですが、貴社の一層のご発展を心よりお祈りしております。
2月まだ寒さが厳しい時期ではございますが、皆様のご健康とご成功を心からお祈り申し上げます。
3月春の訪れとともに、貴社の更なる繁栄をお祈り申し上げます。
4月新年度が始まるこの時期に、貴社の未来にさらなる光が注がれることを願っております。
5月新緑の季節、皆様の健康と幸福をお祈りします。
6月梅雨の季節、皆様が健やかでありますように。
7月真夏の日差しの中、皆様のご活躍を心からお祈り申し上げます。
8月残暑の候、貴社のさらなる発展をお祈りいたします
9月秋風が心地よいこの時期に、皆様のご健康と繁栄をお祈り申し上げます。
10月秋深まるこの季節に、貴社の更なる成功をお祈り申し上げます。
11月紅葉が色づく美しい季節、貴社の益々の発展をお祈りします。
12月年末の忙しい時期になりますが、皆様のご多幸をお祈りします。

業種別例文15選!高校インターンのお礼状の例文

実際にお礼状を書く際に、例文を参考に書きたいという方も多いのではないかと思います。

しかし、インターンシップは業種によってその実態が異なることから、「参考にできる例文が見つからない」といった悩みはないでしょうか?

そこで本記事では業種ごとに3つづつ例文を記載し、そのポイントを解説しているので参考にしてみましょう。

建築・土木・製造系の例文

  参考例1 

建設会社が主催するインターンシップに参加した工業高校2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

残暑厳しい折り、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

この度は、貴社でのインターンシッププログラムに参加させていただき、大変貴重な経験を積ませていただいたことを心より感謝申し上げます。3日間という短い期間ではありましたが、住宅建設という人々の生活を支える重要な業務を間近で拝見し、その仕事の社会的意義と責任の重さを深く理解する機会となりました。

特に、普通科の生徒とも協力しながら作業を進める中で、工業の知識を持たない方々に技術的な内容をわかりやすく説明することの難しさと、それを乗り越えるためのコミュニケーションの重要性を学びました。このような経験は、今後の学業はもちろんのこと、将来の職業生活においても大いに役立つものと確信しております。

また、貴社の社員の皆様には、常に温かく接していただき、安心して業務に臨むことができました。特に屋外の作業の際、「7割くらいで仕事をするのが一番だよ」と声をかけていただき、3日間を乗り切ることができました。

そのことについても、厚く御礼申し上げます。

このインターンシップを通じて得た知識と経験を活かし、今後も一層の努力を重ねて参ります。貴社の一層のご発展を心よりお祈り申し上げるとともに、何かお手伝いできることがございましたら、ぜひご連絡いただければと存じます。

末筆ながら、貴社の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。重ねて御礼申し上げるとともに、今後とも変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

田中 太郎
建設事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例2 

土木系の会社が主催するインターンシップに参加した普通科高校3年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

春光浮動の候、貴社におかれましては更なるご繁栄をお迎えのこととお喜び申し上げます。

このたびは、春休みの貴重な期間を使って、貴社にて1週間のインターンシップに参加させていただき、心より感謝しております。建設業界に未経験ながらも、このような機会を与えていただけたことに深く感謝申し上げます。

インターンシップ期間中、私は道路舗装の現場作業に直接参加し、その中で安全管理の厳しさと、それに伴う緊張感を肌で感じることができました。特に、現場作業では命に関わるリスクが常に伴うため、安全第一で作業を進めることの重要性が如何なく示されました。この経験を通じて、仕事の現場での責任感と、チームメンバーとしての協調性の大切さを学ぶことができました。

また、建設現場の日々は、多くの専門家が協力しながら進められていることを目の当たりにし、一つのプロジェクトが完成するまでには多種多様な職種の人々の努力が必要であることを実感しました。このような経験から、どのような職業に就くにせよ、それぞれの職業には独自の面白さと挑戦があると感じ、これからのキャリアを考える上で大きなヒントを得ることができました。

現場の社員の方々には、キャリアの相談にも乗っていただき、その際には親身になって助言をくださるなど、大変心強いサポートを受けました。これにより、私の進路選択に対する不安が和らぎ、前向きに考えることができるようになりました。「いつでも待ってるよ!」という温かい言葉もいただき、感動するとともに、将来的な可能性を広げてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。

貴社での経験は私の人生において忘れられない貴重なものとなりました。本当にありがとうございました。今後とも貴社の一層のご発展を心よりお祈りしております。春爛漫の時期にふさわしい、さらなる成功と繁栄が貴社に訪れることを心から願っております。

末筆ながら、皆様のご健康と益々のご活躍を祈念しております。

敬具

田中 太郎
土木事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例3 

製造業の会社が主催するインターンシップに参加した理数科の高校2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

春暖の候、貴社におかれましては一層のご発展をお迎えのこととお喜び申し上げます。

このたびは、3月下旬に実施された貴社のインターンシッププログラムに参加させていただき、貴重な体験と多くの学びを得る機会を提供していただき、心より感謝申し上げます。

インターンシップでは、半導体を製造するプロセスで、自動化の高度さと、厳しい品質管理の実態を目の当たりにし、大変驚きました。除染室を通った後の工場見学や、精密な操作を要する設備の操作についての説明を受け、半導体がどのようにして作られるかの詳細な流れを理解することができました。

また、理科の授業で学んだ半導体の理論と、実際の製造プロセスとの間にあるギャップを実感し、工業技術の奥深さに新たな興味を抱くことができました。貴社のスタッフの方から「ものづくりって面白いでしょ?理論だけじゃ成り立たないことがいっぱいあるし、原因不明なエラーもたくさん起こるんだよ」という言葉をいただき、学問と実際の産業とのつながりをより深く理解するきっかけとなりました。

この経験は、私が進路を選ぶ上で大きな影響を与え、工業全般を学ぶ学科への進学を志す決意を固める助けとなりました。貴社でのインターンシップは、私の学びの方向性を定める上で非常に重要なものとなり、今後の学問的な追求に向けて大きなモチベーションとなっております。

貴社の更なるご発展とスタッフの皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。この春の訪れとともに、貴社にとっても実り多い季節となりますよう願っております。

この度は本当にありがとうございました。

敬具

田中 太郎
製造事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

 

医療・福祉系の例文

  参考例1 

地元病院が開催したインターンシップに参加した看護科高校2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

春めいて参りましたが、貴社におかれましては益々ご発展のことと存じます。

このたびは、3月下旬に実施された貴社のインターンシッププログラムに参加させていただき、貴重な体験と多くの学びを得る機会を提供していただき、心より感謝申し上げます。

私は看護科に通っておりますが、実際の看護師としての職務につくべきか迷っておりました。しかし、このインターンシップを通じて、患者様から直接感謝の言葉をいただく経験をし、看護職の深いやりがいと、その社会的重要性を実感することができました。実際に現場で働く看護師の方々の日々の努力と、患者様との信頼関係構築の重要性を学ぶことができ、これが私の職業選択にとって大きな出来事となりました。

また、看護師の方々が直面するリアルな課題や挑戦についても伺うことができ、看護職の現実をより深く理解することができました。これらの体験は、私が今後どのように看護師として成長していくかの指針となり、勉学にも一層励むきっかけとなりました。

春の訪れと共に、新たな季節の始まりとして、私自身も成長と発展を遂げることができたこの貴重な体験に心から感謝いたします。貴社の一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。

今後も何卒宜しくお願い申し上げます。改めて、この度は貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。

敬具

田中 太郎
医療事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例2 

児童福祉施設が開催するインターンシップに参加した普通科高校2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

初冬の便りにてお元気でお過ごしのことと存じます。貴社におかれましては、新たな年の幕開けと共に、益々のご繁栄をお迎えのこととお慶び申し上げます。

このたびは、冬休みを利用して、貴施設にてインターンシップを体験させていただき、深い感謝の意を表する次第でございます。未経験の分野にも関わらず、このような機会を与えていただき、誠にありがとうございました。

インターンシップ期間中、私は児童との直接的な関わりを通じて、その重責とともに、個々のニーズに応じた対応の重要性を学びました。特に、子供たちの成長と彼らの笑顔を間近に見ることができ、仕事の充実感と喜びを実感する貴重な体験となりました。また、職員の方々との会話からは、子供たちと関わる職業の多様性とその奥深さについても学び、将来的な職業選択に大きなヒントを得ることができました。

私の成長に直接的に貢献してくださった全ての職員の方々に心から感謝申し上げます。また、最初は戸惑いもありましたが、皆様の温かい支援と励ましにより、インターンシップの終わりには子供たちとの別れを惜しむほどの関係を築くことができ、感動を覚えております。

貴社での経験は私の人生において忘れがたい貴重なものとなりました。本当にありがとうございました。今後とも、貴社の一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。

末筆ながら、皆様のご健康と益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

敬具

田中 太郎
福祉事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例3 

老人ホームを経営する会社が主催するインターンシップに参加した福祉科の2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

残暑厳しい折り、貴社におかれましては一層のご発展をお迎えのこととお慶び申し上げます。

このたびは、8月中旬に貴社運営の老人ホームで実施されたインターンシッププログラムに参加させていただき、貴重な体験と学びを得る機会を提供していただき、心より感謝申し上げます。

インターンシップ期間中、私は学校で学んだ知識を実際の現場で生かすことの難しさを実感しました。特に初めての実践は想像以上に困難であり、自分が将来この職業に就くことができるのか、多くの疑問に思うこともありました。しかしながら、貴社の職員の皆様が温かく助言をくださり、「仕事はやりながら覚えるものだ」との言葉に励まされ、前向きに取り組むことができました。

また、職員の方々からは、実務を通じて学び続ける重要性や、職場での挑戦に立ち向かう姿勢について多くを学ばせていただきました。この経験は、私が今後、学校での学びをさらに深め、将来の職業生活においても活かしていく貴重なものとなりました。

貴社の職員の方々には、日々温かく接していただき、また実際の職場での経験を通じて多くの学びを得ることができたことに対して、改めて深く感謝いたします。今後とも貴社のさらなるご発展と皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

敬具

田中 太郎
福祉事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

 

公的機関の例文

 

  参考例1 

地元市役所が行うインターンシップに参加した普通科高校3年生

〇〇市役所
ご担当者様

拝啓

残暑の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のことと存じます。このたびは貴社にて行われたインターンシッププログラムに参加させていただき、実り多い経験を積ませていただいたこと、心から感謝申し上げます。

私は、これからの進路やキャリアについて多くの選択肢の中から、公務員という職業に強い関心を持っております。そんな中で、地元の市役所での3日間のインターンシップは、その将来の目標に向けた貴重な第一歩となりました。

インターンシップを通じて、市役所の仕事が単一ではなく、非常に多岐にわたること、また、それぞれの業務に専門性が求められる場面が多々あることを学びました。特に、林業に関連する部署の業務に触れ、将来はこの分野の専門知識を身につけ、市役所での職務に貢献したいという強い動機を持つに至りました。

さらに、現場視察に同行させていただき、その後の会議に参加したことで、実際の職場でのコミュニケーションの重要性を肌で感じることができました。会議では、「若者の視点で意見がもらえたのでよかった」という貴重なフィードバックをいただき、様々な立場の人々の意見を集め、それを業務に反映させることの大切さを学びました。

御市役所の職員の皆様から受けたご指導と温かい支援に、改めて深く感謝申し上げます。

最後に、貴社の一層のご発展を心からお祈りしております。

敬具

田中 太郎
市役所事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例2 

地元警察署が行うインターンシップに参加した普通科高校2年生

〇〇警察署御中

拝啓 残暑の候、貴社におかれましては益々ご発展のこととお慶び申し上げます。

このたびは、8月中旬にStudy Valley警察署にて実施されたインターンシッププログラムに参加させていただき、貴重な体験と学びを得る機会を提供していただき、心から感謝申し上げます。

私は高校生として将来のキャリアについて模索しており、警察官という職業に対して特に深い関心を持っています。父も警察官であり、その姿に憧れて育ったため、実際の警察の仕事を体験できるこのインターンシップは私にとって非常に意義深いものでした。

インターンシップ期間中、特に印象深かったのは、警察の業務が単に「危ない仕事」に留まらないこと、市民の生活を守るという広範な責任を担っていることでした。見回りをする中で、お世話になった警察官の方々がただ秩序を維持するだけでなく、困っている市民がいないかを常に気にかけている様子は、警察官の職務の本質を教えてくれるものでした。

これらの体験は、私が警察官としてどのような価値を社会に提供できるかを深く考えさせ、今後のキャリアパスとして警察官になることに対する確信を強めました。今後とも、学び続け、成長していくことで、いつかは皆様と同じように市民の安全と平和を守る立場に立ちたいと思います。

御庁のさらなるご発展を心からお祈り申し上げます。この度は本当にありがとうございました。引き続きのご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

田中 太郎
警察署事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例3 

地元県庁が行うインターンシップに参加した商業高校2年生

〇〇県庁御中

拝啓

春暖の候、貴社におかれましては、ますますご繁栄をお迎えのことと存じます。この度は3月下旬に県庁で実施されたインターンシッププログラムに参加させていただき、貴重な体験と学びを得る機会を提供していただき、心から感謝申し上げます。

商業科の高校生として、これまでの学びが実際の職場でどのように活かされるのか、また公務員としての職務に対する理解を深めたいという思いでインターンシップに臨みました。初めての業務は予想以上に難しく、失敗を重ねることも少なくありませんでしたが、県庁の職員の皆様からの温かい励ましと支援により、困難を乗り越えることができました。「大丈夫だよ」というお言葉がどれほど心強かったか、言葉では表せません。

また、学校で培ったパソコンスキルを活かして業務を行う中で、日頃の学習がいかに実務に直結しているかを実感することができ、今後の学業に対するモチベーションが一層高まりました。実際に職場で体験することで、学ぶ意義と目的が明確になり、さらに学びを深める意欲が湧いてきました。

このインターンシップを通じて、公務員として働くことの重要性とやりがいを肌で感じることができ、将来のキャリアに対する確信を新たにしました。

御庁の更なる発展と職員の皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

この度は本当にありがとうございました。改めて、深く感謝申し上げます。

敬具

田中 太郎
県庁事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

 

販売系の例文

  参考例1 

商品営業販売する会社でインターンシップをした商業高校2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

春光浮動の候、貴社におかれましては、一層のご繁栄をお迎えのことと存じます。この度は3月下旬に貴社で実施されたインターンシッププログラムに参加させていただき、実務の知識と経験を積ませていただいたこと、心より感謝申し上げます。

私は商業科の高校に通う2年生として、将来の進路についてまだ具体的な道を定めかねておりましたが、貴社での営業体験を通じて、自己のキャリアパスについて考える貴重な機会を得ることができました。営業という仕事の難しさ、とりわけ初めての営業活動での挑戦は、私にとって大きな学びの場となりました。

特に印象的だったのは、商品を単に売るのではなく、お客様の課題を理解し、それをどのように解決できるかを考え提案することの重要性を教えていただいたことです。このアドバイスは、単なる商取引以上にお客様との信頼関係を築き上げることの本質を教えてくれました。このような現場での経験は、学校では学べない実務の知識とスキルを提供してくれ、将来どの業界に進むにしても継続的に学び、成長していくことの大切さを改めて認識する機会となりました。

このインターンシップを通じて、商売の面白さとお客様への貢献度合いを実感し、商業の世界でのキャリアを深く探求するモチベーションを得ることができました。貴社の職員の方々には、困難な時も暖かい助言と支援をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。この春の始まりに、新たな季節の訪れと共に、私も学びを新たに進めていく所存です。この度は本当にありがとうございました。

敬具

田中 太郎
営業事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例2 

アパレルショップを運営する会社が主催するインターンシップに参加した普通科高校1年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

初秋の候、貴社におかれましては、ますますのご発展をお迎えのことと存じます。

この度は8月下旬に貴社が運営されるアパレルショップでインターンシップに参加させていただき、直接的な販売経験を積ませていただいたこと、心より感謝申し上げます。服飾への興味から始まったこのインターンシップは、私にとって多くの発見と成長の機会を提供してくれました。

インターンシップ期間中、私は商品の陳列から実際の販売に至るまで、多岐にわたる業務を経験しました。特に、実際にお客様と接する中で、ただ商品を売るというよりも、お客様一人一人のニーズに応じた対応が求められることを学びました。この点は、学校では学ぶことのできない、非常に貴重な経験となりました。

最初は戸惑いも多くありましたが、貴社のスタッフの方々が温かく指導して下さり、「慣れれば大丈夫だよ」という励ましの言葉に何度も救われました。その結果、徐々に自信を持って業務に取り組むことができるようになり、最終的には多くのお客様にご満足いただける対応を行うことができたと自負しております。

この経験を通じて、私は自分の未来に対するビジョンがより明確になりました。社会に出たときのために、学校での学びに加え、現場での経験をどのように活かしていけるかを考えるようになりました。販売の現場で学んだコミュニケーションスキルや問題解決能力は、どの業界に進んでも必ず役立つと確信しています。

改めて、この度は本当に貴重な機会を提供していただき、ありがとうございました。貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。

敬具

田中 太郎
アパレル事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例3 

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓 新年の候、貴社におかれましては、更なるご発展をお迎えのこととお喜び申し上げます。旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

この度は12月下旬に貴社の企画開発部門で実施されたインターンシップに参加させていただき、実際に商品開発の現場を体験することができ、非常に貴重な学びを得ることができましたこと、心より感謝申し上げます。

私がこのインターンシップに応募した理由は、新しいものを企画し、形にすることに大きな関心があるからです。インターンシップの期間中、高校生の目線で市場に出ていない商品を考えるという課題に対し、友人への電話を通じて意見を集めたり、自ら思考を巡らせたりすることで、様々なアイデアを出す作業に取り組みました。このプロセスは、単に新しいものを考えるだけではなく、どのようにしてそのアイデアを現実のものとして実現するか、という点について深く理解する機会となりました。

特に印象に残っているのは、「トレードオフの考え方」の重要性です。すべての要素を高水準で実現することは困難であり、どの要素を優先するかの選択が商品開発においては不可欠であると学びました。また、多岐にわたる知識が必要であること、そしてそれがどのように役立つのかを学校の勉強を通じて実感しました。

この経験は、将来的に何かを創造し、それが多くの人々の役に立つことを目指すキャリアに向けての大きな一歩となりました。貴社の職員の皆様からは、温かい励ましと具体的なフィードバックをいただき、それが大きな励みとなりました。

新しい年を迎え、心新たに学びを深めていく所存です。貴社のさらなるご発展をお祈り申し上げるとともに、再びこのような機会を提供していただいたことに深く感謝いたします。

敬具

田中 太郎
開発事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

 

農林水産系の例文

  参考例1 

農業系の会社でインターンシップをした農業高校2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

初秋の候、貴社におかれましては一段とご発展をお迎えのことと存じます。この度は夏休み期間中に貴社で実施されたインターンシップに参加させていただき、農業の現場を直接体験する機会を得たこと、心から感謝申し上げます。

この度は8月下旬に貴社で実施されたインターンシップに参加させていただき、直接的な農業経験を積ませていただいたことに対し、心から感謝申し上げます。農業高校に通う学生として、学校で学んだ理論を実際の農場で生かす機会を得られたことは、私の学びにとって非常に重要な体験でした。

インターンシップ期間中、私はピーマンを中心に様々な農作業に関わらせていただきました。特に印象深かったのは、学校で学んだ植物の生育条件が、実際の農業現場でどのように応用されているかを目の当たりにしたことです。学校では規模が小さく、実際の生産現場とは異なる環境での学びであったため、大規模な商業生産の現場を経験することで、理論と実践の違いを具体的に理解することができました。

また、生産者の方々との会話を通じて、農業が単なる生産活動でなく、消費者に喜びを提供するサービスであるということを学びました。実際に食べ物を育てる過程で、「どのように消費者に喜んでいただけるか」を常に考えることの重要性を実感し、この業界で働くことのやりがいを感じることができました。

貴社での経験は、将来の職業選択に大きな影響を与え、農業の奥深さを知ることができたため、自分自身が独立して何を育てるかを一層真剣に考え、その目標に向かって努力していきたいと強く思うようになりました。

貴社の一層のご発展を心からお祈り申し上げます。改めて、この度は本当に貴重な機会をありがとうございました。

敬具

田中 太郎
農業事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

  参考例2 

林業系の会社が主催するインターンシップに参加した普通科高校1年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

新春の候、貴社におかれましては益々のご発展をお迎えのこととお喜び申し上げます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

このたびは御社のインターンシッププログラムに参加させていただき、大変貴重な経験を積ませていただいたこと、心から感謝申し上げます。

私は家が林業を営んでおり、将来自分がこの家業を継ぐべきかどうか、また、林業という職業について深く理解を深めたいと考えておりました。貴社でのインターンシップは、異なる環境での林業に触れ、さまざまな課題と解決策について学ぶ絶好の機会となりました。

インターンシップ中に社員の方々との交流を通じて、現代の林業が直面している人手不足や価格競争の厳しさ、そしてそれにどのように対応していくかという点について多くを学びました。特に、ICTの導入を積極的に行っているお話は、林業の未来に対する新しい視点を提供してくれました。

この経験は、私が自身の将来について考える上で、家業に対する新たな関わり方や、林業を継ぐという選択肢について、より多角的に考えるきっかけとなりました。林業以外の分野の人々とも積極的に関わりながら、自分なりの答えを見つけていくことが大切だと強く感じております。

貴社のご厚意に深く感謝するとともに、今後の貴社の一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。この度は本当に貴重な機会をありがとうございました。改めて、深く感謝申し上げます。

敬具

田中 太郎
林業事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-00

  参考例3 

畜産系の企業で開催されたインターンシップに参加した農業高校2年生

株式会社〇〇
ご担当者様

拝啓

残暑の候、貴社におかれましては、一段とご繁栄をお迎えのことと存じます。この度は貴社が運営する養豚場でのインターンシップに参加させていただき、大変貴重な体験をさせていただいたこと、心から感謝申し上げます。

私は農業高校の生徒として畜産について学んでおりましたが、実際の養豚場での作業と学校での学びがどれほど違うかを体験することができました。特に、養豚場が高度に機械化されていること、そして働きやすく衛生的な環境であることに大きな驚きを感じました。これまでの私のイメージとは全く異なり、畜産業が持つ可能性と働きやすさを実感することができました。

また、貴社の職員の方々から伺った話により、人手不足が依然として課題であることも知りました。この問題は、私たち若い世代が畜産に対して持つマイナスのイメージに起因している部分も大きいと感じております。そこで、私はこれからの学校生活で専門知識をさらに深めると共に、畜産業に対する一般のイメージをどのように改善できるか、その方法についても積極的に考えていきたいと思っております。

このインターンシップを通じて得た知識と経験は、私の将来の職業選択にとって大きく、貴社での体験が、私のキャリアを畜産業界に進むことへと固める手助けをしてくれたことに深く感謝しております。貴社の一層のご発展を心からお祈り申し上げます。

敬具

田中 太郎
開発事例高校
welcome@studyvalley.jp

〒134-0083

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル2F

インターンシップのお礼状の封筒の書き方

お礼状を出すには最後に封筒に宛名を書き、切手を貼って出す必要があります。

しかし、最近は手紙のやり取りも減り、「どのようにして封筒を書けば良いのかわからない」といった悩みがあると思います。そこで、本記事では、その例をもとに書き方について解説していきます。

表面

封筒の表面には送り先の住所、名前を記入します。その際、封筒全体のバランスを見て、空間を開けることが大切です。

裏面

裏面も表面同様に、自身の住所と氏名を記入します。そして、郵便番号の上に封かん日を書きましょう。

【高校の探究担当の先生へ】
当メディアを運営する私たちStudy Valleyは「社会とつながる探究学習」を合言葉に、全国の高等学校様へ、探究スペシャリストによる探究支援と、社会とつながるICTツール「Time Tact」を提供しています。

現在、探究に関する無料相談会を開催中です。探究へのICT活用や外部連携にご興味ある方、お気軽にご連絡下さい。ご予約はこちら(2024年3月現在、問い合わせが急増しております。ご希望の方はお早めにご連絡ください)。

【企業のCSR広報ご担当者様へ】
CSR広報活動の強い味方!
探究教育を通して、学校と繋がるさまざまなメリットを提供しています。



どんなことでも、まずはお気軽に「お問い合わせ」ください。
専門スタッフが全力でサポートいたします!

無料相談のご案内

代表:田中
代表:田中
Study Valleyは探究学習に取り組む学校と企業を応援しています! STEAMライブラリー構築事業者”StudyValley”だからこそできる「探究学習」×「社会とのつながり」を通じた新しい学習体験を一緒に創っていきませんか?

*Study Valleyでは、企業パートナーを求めている学校と、自社の強みを生かして学校教育に協力したい企業をマッチングしています。探究学習を通じてZ世代の若者とプロセスエコノミーを実現したい、Z世代との交流を通じ、彼らの価値観や感性をマーケティングに取り入れたいという企業担当者の方はお気軽にお問合せください。

▶【無料】学校とのマッチングについて相談してみる

【この記事の監修者】

田中 悠樹|株式会社StudyValley代表

田中 悠樹|株式会社StudyValley代表

東京大学大学院卒業後、ゴールドマンサックス証券→リクルートホールディングスに入社。同社にて様々な企業への投資を経験する中で、日本の未来を変えるためには子どもたちへの教育の拡充が重要であると考え、2020年に株式会社StudyValleyを創業。
2020年、経済産業省主催の教育プラットフォームSTEAM ライブラリーの技術開発を担当。
2024年、経済産業省が主催する「イノベーション創出のための学びと社会連携推進に関する研究会」に委員として参加している。